FC2ブログ
中学生の時に読んだ詩
2011 / 05 / 18 ( Wed )
君が君らしく生きるために身体をしなやかに保ちなさい
強くなくてもいいのです普通に健やかに人の悲しみを一緒に泣ける涙をもち
五感はつねにシャープになさい
そして心はいつも柔らかく外に向けなさい
いつの時代でも人が醜くなるのはいらないものを身につけすぎた時です
さわやかな感性とそれを培うしなやかな身体を保ちなさい
鏡にうつる君の大きさで十分です
はじめに生きている君自身を愛しみ大切にしなさい
どんな時代でも人は愛しいものなのです


だれの詩だったんだろ。
だれの本だったんだろ。
だけど私はこの言葉と出逢ったその時から、この言葉が出逢うべくして出逢ったような気がしてならない。
スポンサーサイト



22 : 30 | 今日のワタシ★ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<初めて蹴りました・・・ | ホーム | 時のながれ。>>
コメント
* 本当ですか!? *

偶然ですね!私はこれを読んで、こうしたらきっと素敵な女性・人になれるよと言われた気がしました。
なかなか実際は難しいですがね(>。<;)
by: PIANO→ナイトイーグル様 * 2011/05/20 * 13:59 * URL [ 編集] | page top↑
* おはようございます *

私も中学生時代に読んだ記憶があります。

国語の教科書に載っていたか、国語の教員が副教材でプリントを配ったのかは定かでは無いけれども…。

どなたの作品だったか解ると、お互いにスッキリしますね。
by: ナイトイーグル * 2011/05/20 * 07:50 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piano15.blog29.fc2.com/tb.php/564-27f02cf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |