FC2ブログ
銀色夏生さんの詩・・・
2006 / 04 / 13 ( Thu )
  なんとなく、ハッとした詩・・・

     「あの人のささえになれると思ったのは 
               大人びた錯覚でした」


 たまに、こういうコトってそういえばあるのかも・・・
山・・・


-銀色夏生さんの本より-

「水の泡」

初秋の休日、山に登った。
最初はゆるやかで、後にだんだんきつくなった。

石の上で休憩していた時、その日はじめて会った男の人が、
親切にあちこちの山の名前を教えてくれた。

それで少し気が晴れて、また登りはじめた。

私が今までやってきたことは、何だったのだろう。
                  すべてが水の泡だ。

私は、その日、とても暗い気持ちだった。

すぐには立ち直れそうもなく、
        あとをうめてくれそうな何かもなかった。

秋風は胸にしみ、さわやかに晴れわたった空は、
                  ただ単に遠かった。


頂上に着き。水を飲んだ。

透明なコップの中に小さな水の泡が生まれた。

まんまるで、美しく。


努力したことが実を結ばないことを水の泡という。

なぜだろう。

こんなにきれいなのに。

すぐに消えてなくなるからかな。

長い間の努力が水の泡となった今日、私は水の泡を飲む。
と、心の中でつぶやきながら水を飲んだ。
おかしくなって、笑った。

それを見たらしいさっきの男の人が、
        「何かいいことがあったのですか」と言う。

私は「はい」と答えた。

いいこと。
これがいいことになる日がいつかくるだろうか。
せめて思い出しもしないつまらない出来事となってほしい。

私は目の前に広がる未来を見わたした。

見わたそうと試みた。

まだ確かなものは何もない。何も見えないが、
           ぼんやりと、行きたい方向はある。

そこへ向かって進んでいこう。すこしずつでも。




    なんとなく、今日のワタシはこんなキモチ・・・。
             
スポンサーサイト



00 : 26 | 「想い」 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<< 3/9に今の仕事が今月末と言われ・・・ (BlogPet) (BlogPet) (BlogPet) (BlogPet) | ホーム | ★心理テスト★>>
コメント
*  *

悩み事ってすごくその時は頭も心も体もいっぱいいっぱいになりますけど、どうにか今までも乗り越えてきたって考えたら少し楽になるのもしれません・・・ってそんなワタシの最近なんですが↓
「大人びた錯覚」っていい例えですよね(>_<)自分の無力を知るというか、イロイロな解釈の仕方はあると思いますが、ちょっとワタシもずしっときました(T_T)
by: PIANO→hana様 * 2006/04/16 * 01:12 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

ぴあのたちが、広いささえなどを錯覚された?


by: BlogPetのぴあ * 2006/04/13 * 14:49 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

山の頂上の壮大な景色と、コップのなかの小さな泡の対比がいい。
悩み事ってそんなもんなのかもしれない。
広がる未来に比べれば、ね。

「あの人のささえになれると思ったのは大人びた錯覚でした」
これずしっときますねー。
私は元気をなくしてやっとこの錯覚を知りました。
by: hana * 2006/04/13 * 10:42 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piano15.blog29.fc2.com/tb.php/221-d8b084dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |