FC2ブログ
コトバから教えられるコト
2006 / 02 / 15 ( Wed )
もう2週間程になるだろうか、少し調子がワルイ・・・
ラジオを聴くのがイヤなのである・・・
こういう時って案外、ココロに余裕がない時と思われる・・・
     
     でも、大丈夫。きっと、治るよ。
こんな時、ワタシが手にとるものは詩集などの本だったりする・・・

こんな一説・・・ 

    ヒトは、その時、その時で変わります。
      イイ時もあれば、ワルイ時もあるし、
      楽しい時もあれば、ちょっとツライ時もあります。
    大事なのは、イイ時もワルイ時も変わらずに
      いい思い、いいハートでいようとするコト、です。
    そのためには、
      自分を信じるコト、励ますコト、
      見つめるコト、思いやるコト、気づくコト、
      見失わないコト、勇気づけるコト、
                     などが必要デス。


  今日ワタシが共感したコトバをココに残そうと思う・・・

ひとつのことで [Just one thing]

 何か一つくらいうまくいかないコトがあっても
  そのコトで自分の全てを否定してしまうコトはない。
    何かが出来なかったり つまずいてしまうと
    自分の全てがダメだと感じてしまう。
    今までやってきたコト 信じてきたもの 
    考え方 感じ方 自信のあったコトまで。
  
 だけど うまくいかないコトは誰にでもある。
  人生は一つのコトだけで成立っている訳ではない。
  一つのコトだけで決まってしまう訳ではない。
    だから うまくいかないコトがあっても
              それは「一つだけ」のコト。
 
 覚えておきたいのは 
  上手くいかないコトがあっても 次があるというコト。
    その出来事は 一つの通過点でしかない というコト。



こんなことのなかに [Another way of thinking] 

 なんでこんなコトやっているんだろう 
           そう思う時 その時の選択は2つ。
  
  1つは
   こんなコトと思うものをやめて
   意味を見付けられるものに変えていくコト

  もう1つが
   こんなコトと思う中に
   何か別の意味を見付けていくコト。
 
    こんなコトと思う中にも 役に立つコトや次に繋がるものはある。
    だから、その「なにか」を見付けて 
      自分にとって意味のあるものに
      やっていけるコトを変えてしまえばいい。
 
  毎日毎日「こんなコト」と思いながら過ごすのはもったいない。
   それに「こんなコト」と思っているだけでは
               何も楽しく変わってはいかない。
                      
                     
                By. Yuko Hirose
スポンサーサイト



18 : 25 | ワタシ★ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<おっちょこちょいなワタシの1日・・・ | ホーム | 明日はバレンタイン(^_-)-☆>>
コメント
*  *

そうですね・・・。頑張りすぎてるのは少しココロあたりがあります。
頂いたコトバを胸に一呼吸して、気をとりなおしてみます♪ありがとうございます。
by: PIANO→睦月様 * 2006/02/17 * 22:09 * URL [ 編集] | page top↑
* 頑張り過ぎでは? *

イイ時があり、ワルイ時があり、楽しい時や、苦しい時もあったり・・・
いろいろあるよね~。
それが「生きてる」って証拠だと思う。
その人にとって、すべてが意味のあることと思いますよ~。
「しんどい時は立ち止まって一服しよう!そして、また歩き出せばイイんだよ」
わたしは、今でも自分に言い聞かせていたりしていますww
だってネ、マラソンランナーは自分自身だから。
by: 睦月 * 2006/02/17 * 14:39 * URL [ 編集] | page top↑
* 変わる?? *

この詩を読んで少し救われたようなきがする。立ち止まってはイケナイ。前を見よう。変る自分を受けとめよう。
って、綺麗ごとだね。ごめんね。
by: うりすけ * 2006/02/15 * 22:24 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piano15.blog29.fc2.com/tb.php/167-dc8405af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |